Entries

HP併傳武術の写真

去る8月21日の稽古時、HP用に撮影を忘れていた神道流剣術と一心流鎖鎌術の写真を追加撮影することにしました。

一応、それぞれ形を行ってから撮影し、後日撮影してくれたHさんから写真が送付されました。
どれをHPに掲載しようかと写真を見て愕然。

神道流剣術は、それなりにとれていました。
(とはいえ、背景や露光について全く配慮が欠けていましたが;)

ところが一心流は、全く形になっていません。
確かに撮影の際には、いったん動作を止めて撮影してもらっているのですが、太刀は崩れていませんし、目付も甘い。
全体的に緊張感がありません。

思うに、分銅部分の作り直しなどもあり、一心流の鎌を握ったのは1年ぶり。
無論、それほど稽古できているわけでもありませんので、単純に形ができていないだけなのですが、あらためてここまで静止画にも出てしまうものなのだと汗顔の至りです。
やはり、太刀・鎌ともに攻める気合をもって演武できるくらいのものでなくてはなりません。
というわけで、鎌の写真は再度稽古してから撮り直しとしましたので、アップまで今しばらくお時間を戴きます。

以前から、山口・福岡の両協会では、岩目地先生が併傳武術を定期的に稽古されているのですが、東京でも昨年から定期的に併傳武術を稽古しようということになりました。
比較的稽古されていた、剣術と短杖の講習が本年度で終わり、ようやく、来年は鎌又は十手を行う予定です。
先ずは復習からとなりますが、数年後には一寸堂でも普通に併傳の稽古ができるように稽古に励みたいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/132-abf03f7b

トラックバック

コメント

[C24] 真剣さが伝わります

先生のお誘いで、毎年地区のローカル剣道大会で杖の演武をお願いされるのですが・・・10分もない短時間が、緊張ゆえに通常稽古以上に疲れてしまいます。

ちょうど審査前なので、精神面で良い鍛錬にはなりますが・・・何度経験しても慣れないものです。

今年は、普及目的で短杖をやりたいところなのですが、まだとても人前でできるような状態ではなく、やっと流れを覚えた乱合ともども、非力を痛感しております。
他武術については相手が限られることと、なかなか稽古時間がとれないことが悩みですが、百瀬様の前向きな姿勢に習って、地道に続けたいと思います。
  • 2016-09-05 05:43
  • 五島 鎧影
  • URL
  • 編集

[C25] コメントありがとうございます

人前での演武は緊張しますが、見てもらうということは良い稽古になりますね。
まずは杖術の体得が大事ですしので、どうしても併傳の稽古は限定的になってしまいますが、何かしら武術的な共通点があると思いますので、枝葉にとらわれることなく落ち着いて稽古したいと思います。
お互いに、杖・併傳ともに人前で良い演武ができるようにがんばりましょう。
  • 2016-09-05 10:58
  • 百瀬
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR