Entries

「奥入」

奥


一寸堂は新年16日から稽古始めとなり、同じ週の1月21日は、東京で新年稽古会が開催されました。
本年の新年稽古会の翌日は、久々に「奥」の稽古会としたのですが、はからずも藤代先生より「奥入」を受けてはどうかとのお言葉を戴きました。
五段を取得してから日も浅いため、少々迷いましたが、岩目地先生からの「奥入」を戴けるまたとない機会ですので、謹んでお受けすることにしました。

「奥入」というのは、各団体で少々違いがあるようですが、原則として師から弟子に送られるもので、協会や各支部団体が規定によって発行するものではありません。塩川先生・岩目地先生の系統では、師が弟子に対して正式に「奥の形」を伝授し、稽古してよいとの許可を与えるものであり、それ故、正式に師弟関係にあることを証するものでもあります。

加えて、「奥」の形を稽古するということは、口伝である五夢想の形(俗に「秘伝」と称される)以外の全ての形を稽古することができるということでもあり、杖術を稽古する者にとっては、大きな目標の一つと言えます。
無論、奥入を受けたからと言って、術が完成するわけでもありませんので、今後一層の稽古をしなければならないことに変わりはないのですが、入門して15年、なんとかここまで続けることができたと感慨もひとしおです。

当日は、私と東京都杖道連盟お茶の水場所(千代田神杖会)の場所長を務めておられる高柳さんが、岩目地先生より直接「奥入書」を拝受しました。

その後、既に奥入りされている先輩たちとの稽古です。
最初に、私と高柳さんで影と五月雨を何本か演武することとなりました。
これは、岩目地先生のご指示があったからなのですが、理由を伺ったところ、影や五月雨は今後「気息」の修練を中心に行いたいので、現状どのように稽古しているかを見たかったとのことでした。
やはり、相当注意しないと「表」や「中段」と同じような演武になってしまうようです。
今後は形によってはスピードよりも呼吸と間を重視するべきかと感じています。

それらの解説を終えて、いよいよ「奥」の形の稽古となりました。
私の相手は、いつも松本まで指導に来て戴いている、五段の岡田さんにお願いしました。

奥の形は、形によって非常にシンプルで、勝つための精神論(?)を表しているようなものもありますが、個人的には杖を自由に使うという意味で、非常に感じることが多いものばかりでした。
また、いままでの形の中で考えていた動きとは、全く別の動きが要求されるものもあり、まさにこれを終えて「太刀落」に返ることが求められているということが、納得できたような気がしました。

時間にして六時間弱程度の稽古時間でしたが、非常に興味をもって終えることが出来ました。

さすがに、「奥」だけは奥入りが許されたものでしか稽古が出来ませんし、以前は相手がいたとしても、通常の稽古中に稽古することも許されないといった不文律があったようですが、今後はできるだけ稽古の機会を増やしていきたいと思います。
いつか、一寸堂でも奥を稽古することが出来る日を迎えたいですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/140-cfff9d69

トラックバック

コメント

[C32] おめでとうございます!

奥入り、おめでとうございます。
昔から伝わってきているこういった制度を自分が受けることには感慨深いものがありますね。
奥の稽古をした後に飲みながら奥について色々語り合うのも楽しそうですよね(^o^)

[C33]

ありがとうございます。

さすがに段位免状を戴くときとは異なった感慨がありました。
奥の技については、いろいろと話したいことが多いのですが、お酒の席でどこまで話してよいのかわからない部分がありますね(^^;)

本にも載っていいるものですので、あまり神経質になることもないかとは思いますが、あまりオープンにしないというのも、モチベーションにつながるかもしれません。

とはいえ、早く皆さんと稽古がしたいですね。

  • 2017-01-26 01:23
  • 一寸
  • URL
  • 編集

[C37] 寒稽古中・・・

最近、私も先生から制定杖道の他に
古伝の表、中段までの稽古が正式に許可されました。
(出稽古していたのは知られてないと思いますが)

審査後は主に、併伝武術に関心がある先生のご理解を得られ、短杖と剣術に集中して稽古ができました。
間合いのとり方は難しいものの、一通りの流れに、身体が自然となじんできた感じです。

伝統的な制約もあるかと思いますが、今後のさらなる修練にご期待申し上げます。
  • 2017-02-06 00:29
  • 五島 鎧影
  • URL
  • 編集

[C38] おめでとうございます

五島様

表・中段の稽古が許されたとのこと、よかったですね。
そちらの団体の中でも、制定以外の形が稽古できるのは、神道夢想流としては良いことと思います。

併傳武術はさらに間が違うので、並行しての稽古は大変なことと思いますが、とにかく稽古して伝えていくことが大切だと思いますので頑張ってください。

また、機会がありましたらそちらの杖や併傳の演武も見学させて戴ければ幸いです。

では、お互いに精進してまいりましょう。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR