FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/156-31b5d470

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

昇段審査

2018年11月10日、東京都杖道連盟において秋期昇段審査が行われました。

一寸堂でもいよいよ、倉沢さんと鈴木さんが昇段に臨むことになり、都合により東京で一緒に審査をしてもらうことになりました。

倉沢さんは稽古開始から7年、上田から年に何度か通って稽古を続けてくれました。
鈴木さんも入会から4年、じっくりと稽古してきました。
昇段にここまで年数がかかっても飽きずに稽古してくれたことに感謝です。

当日までに一度審査を前提とした稽古を行いましたが、細かいところは別として二人とも組むのに慣れていないせいか、今一つ攻めが弱い部分があります。
とはいえ、ここまできたら後は気合を入れて望むだけです。


さて、審査当日。

今回は東京の会員も二段1名、四段1名が審査を受けることになりました。

審査形は当日発表。


S__28557315.jpg


三本目から五本目までは「霞」、「一礼」、「細道」と、なかなか厳しいオーダーです。

初段は彼ら二人だけ。
もちろん、順番としては一番最初となります。

審査までに2時間ほど時間がありましたので、それまでは藤代先生やほかの方に指導してもらいました。
せっかくですのでしっかりと稽古をつけてもらいます。

稽古開始時は少なかった稽古参加者も、審査の時間が迫ると一人、二人と増えてきます。
わざわざ、審査を見学するために時間をやりくりしてきてくださる会員の方もいらっしゃます。

審査は予定時刻より少々早めに開始となりました。

20181110_161143_585.jpg

いよいよの昇段審査でもあり、またギャラリーも増えたこともあって、確実に二人とも緊張気味。
やはり、形全体をとおして動きが小さくなってしまいました。

20181110_161938_452.jpg

まあ、私の初段審査も散々でしたので、それに比べたら十分かもしれません。
私の採点では合格点ギリギリといったところ。
試合の時の動きのほうが良かったと感じる部分もありましたが、互いに太刀持ちしていることからして無理もありません。

他の方の審査を見ることもできたので、自分たちの課題もまた見えたことでしょう。

審査を終えた後、合格したことを前提に、あまり稽古に来れない倉沢さんには早速、中段の「一刀」をしてもらいました。
中段繰り付けは、これから長い間の課題となるでしょうが、次回松本の稽古にいらしたときにじっくりと指導したいと思います。

稽古の終わりに結果発表がありましたが、一寸堂のお二人を含めて全員合格です。
皆さん、おめでとうございました。

お二人はこれからは有段者として、「中段」の稽古に進むとともに、今以上に「表」の技に磨きをかけて下さい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/156-31b5d470

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。