Entries

11/14 稽古日誌

本日はMさん、Wさん、Kさんの3人

一度やらなくなると、その後二度とやらなくなるので、スクワットを20回

その後は、Mさん、Wさんの組み合わせて相対稽古
私は、Kさんの太刀をもって、相対12本の相手をします。

Kさん、打ちもだいぶ様になってきました。
とりあえず、12本の基本動作はこなせるようになってきたようです。

次は、全員太刀を持ってもらって、それぞれ正面の打ちと受けを稽古してもらいます。
正確な刀の用い方というよりも、刀に慣れてもらうことが主眼。
あまり細かいことは言いません。

終わってから、MさんとWさんは表の稽古。

Kさんは3級審査の形を稽古。
課題はありますが、もう少し稽古すれば3級には届きそうです。
12月審査を目指すことにしました。
各形二つくらいの注意点を意識してもらいます。

Wさんは、以前よくなったのですが、また肩に力が入るようになってしまいました。
全体的に動きが固いのと、無駄な動きが出ています。
とにかく、力を抜いて相手の動作に対応する意識が必要でしょうか。

Mさんは中段「清眼」
杖の引きつけから、「鵜の首」にして打つところまでが難しい。
特にまだ、踵をあげるのがうまくいかないようです。
一つの方法として、踵と踵をくっつけた状態でつま先立ちになる方法を試してもらいます。
このほうが、安定するようですね。

慣れると、振り出した杖の動きと相まって前後にバランスがとれるようになると思います。
その他、八相から袈裟に切る角度など検証。
自分もそうなのですが、やや刃を寝かせすぎる傾向があります。
しかし、ほとんど垂直に近い角度でよいのではないかと考えています。
そうなると、杖のほうもシビアに効かせないと切られてしまいますし、捌きの角度も変わってくるかもしれません。
近いうちに、先生方に伺ってみようと思います。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/19-ab7744bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR