Entries

11/21 稽古日誌

本日Wさんはお仕事の研修でお休み。
本来、昇段に向けて詰めて行かなくてはならない時期ですが、お仕事ではいかんともしがたい。
年末年始と稽古できない日も続きますので、調整が必要でしょう。

さて、そういったわけでMさん、Kさん、Yさんが参加。

まず、MさんとKさんに相対を行ってもらいますが、Kさんは今の段階としてはかなりきちんとできています。
強いて言えば二人ともまだ重心移動が完全ではありませんが、
これは段位が上がっても簡単にできることではありませんので、今は意識を持つようにのみ注意します。


Yさんの相対が終わったところで、本日は「左貫」のポイントをおさらい。
とにかく真っ直ぐ下がることによって太刀の突きをかわす、という点。

太刀の技量にもよりますが、ある程度太刀が早くなってくると、どうしても横に裁いて受けてしまいます。
まあ、そのほうが楽なんですけどね。
ただ、その場合は間合いが詰まるので太刀を打つ必要はなくなり、
瞬時に敵の霞または、頭を打ちにいく形になるはずです。

それが間違いではありませんが、今はあえて難しい形を稽古して体を練っているという説明をしました。
現在の稽古型の中には、結構そういった形が入っているような気がします。
特に「左貫」の下がりなどは、あえて難しい体制から下がらせているとしか思えませんが・・・・

いろいろ考えずに大きく真っ直ぐ下がって下さい。


次のポイントは太刀を打つ角度と、目付。

このポイントも、最初の下がりが真っ直ぐかどうか、
また下がり不足から体を必要以上にさばいていないかで変わってきてしまいます。

太刀に対して角度がつきすぎてしまうと、敵に向かってでなく横方向に打ってから目付をしなくてはなりません。
その分、打ちも効きませんし(特殊な効かせ方を目指す場合ですが)、
体の向きを代えなくてはならない分、無駄な動きが生じて目付が遅くなります。

なるべく相手を真っ直ぐにとらえながら、太刀を打って相手を責めます。

打ちも、「力」よりは手を滑らして杖をコンパクトに軽く振ることができなくてはなりません。
打ち方によっては、太刀の切っ先を相手のつま先に落とすことができる危険な形でもあります。
無論稽古では、そのような技法は用いませんが、
たまに無意識でできてしまうことがあるため、太刀は用心して常に足を引き、
太刀を引きつけて「打ち」を吸収する方法を学ばねばなりません。

さて、ここまで実際に形を行って説明しましたが、これまた体が覚えるのは大変のようです。

とくに、表のシンプルな形はごまかしが効きませんので、
高段者になればなるほど、本来稽古しなくてはいけないのではないかと思います。
できないと、本当にかっこわるいですからね。

その後は、MさんYさんと中段の稽古。
Kさんは、私が相手をして3級の形の太刀を稽古してもらいます。
まだまだ、形を覚えるところ。
とにかく、届かせる間合いを感じてもらいたいですね。

26日は東京から2段・3段の女性陣が応援に駆けつけてくれます。
二人とも全国大会の入賞者。
是非、いろんな人と稽古して感覚を磨いてほしいと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/20-262eea30

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR