FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/22-f1312b04

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

11/28 稽古日誌

本日、松本は冷え込んで朝方の気温はマイナス1度。

これから2ヶ月くらいは、足の裏の感覚がなくなるくらい寒い中での稽古となります。
当道場は、安全面に問題がなければ防寒対策なんでもあり。
風邪を引かないように稽古してください。

さて、珍しく15分前に体育館に到着。

独りで着替えて杖を振っていたところ、皆勤賞のMさんがやってきました。

なんとなく、今日は二人だけかな-という予感

まあ、別に問題はありません。

稽古開始です。


ちょうど、中段の太刀を土曜日に通したところでしたので、
本日は、杖を通してもらうことにしました。

各3本ずつ程度、細かい点を交えながら通していきます。

「一通り」という意味では、Mさんは充分こなせています。
少し詰めれば、昇段しても問題ない程度なので、後は稽古の回数を増やすだけです。
その意味で、今後の注意点を確認します。

やはり難しいのは中段繰付け。
間合いの調整をどこでつけるか、二人で確認しました。

形として主に検討したのは、「間込」、「切懸」、「横切留め」。

特に、二刀の形「間込」は間合いが難しい。
最初の小手取りと、小太刀を打つときの間合い。
今回はそれに加えて、小太刀を打つときの体と杖の角度を検証。
やはり、相手に向かって真っ直ぐ下がり、小太刀を通常の打ちの角度で打つと、
体軸のぶれが少なく、その後の攻撃がスムースになります。

しかも、このやり方だと早い太刀にも対応しやすいのでは?
との結論に達しました。

杖が小太刀を打つとき、誤って左手を打たれることが多いため、
小太刀をやや敵から外して突き出すことがありますが、
あまり外しすぎると、杖が横打ちになりやすい。
太刀・杖ともに意識しなくてはならない点でしょう。

二人で稽古するとじっくりと検証できますので、
私も勉強になります。

おかげで中段12本について、今後の指導に役立つ点を見つけることができました。

とはいえ、やはり稽古は人数多い方が張り合いがあります。
皆さんお忙しいとは思いますが、ご都合のつくときには是非参加してください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/22-f1312b04

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。