FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/25-fa5f3334

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

12/3 稽古日誌

寒い季節がやってきました。
先週よりもグンと気温が下がりましたが、思いのほか日中天気がよいと体育館の中は暖かい。

午後、独りで2時間ほど裏山を歩き回ってきたので多少足に疲れがあります。
とはいえ、かえってほどよく筋肉がアップされているような気もします。
山の中を走り回って遊んでいた子どもの頃に比べたら情けないレベルではありますが、気持ちはいいですし、良い鍛錬にはなりますね。

長野県は「森林税」というものがあり、
その予算で、誰も手入れをしなくなった山の伐採をしてくれたようなのですが、切った木はそのまま谷方向に向かって倒れっぱなし。
道も何もおかまいなしなので、倒木を乗り越えて進むのが一苦労でした。


さて、本日は久々にWさんと、常連のMさん、Kさん、Yさんが参加。

まず、それぞれ課題をつけさせてもらいました。

Kさんは3級にむかって数稽古

Wさんは昇段に向けて「表」の細かな点を詰めてもらいます。
加えてKさんの昇級審査太刀持ち。

Yさんは、まず中段の太刀の覚えた後に、「表」から基本さらい直し。
Mさんは、来年の昇段に向けて「表」「中段」を詰めることと、Yさんと共にさらい直し。

稽古によって立ち会う人の組み合わせを変えて、形中心に数をこなしてもらいます。

太刀はどうしても「置き」にいってしまって切っ先が飛んでいない。
まずは、大根でもスパッと切るつもりで振ってもらえばよいのですが。
どうしても力が入ってしまいます。

また、以前よりも皆さんからだが動くようになった分、
杖が打つべきところをオーバーしている場面が多く、間合いが近い。
杖先の角で打つという意識を持つと変わってくると思います。

特に、足の運び、捌き方というのは体格によっても変わることなので、
真横に捌いても、少し後ろに下がって捌いても、間合いが合ってさえいればよいと思います。

最後にMさんと「真進」を行いましたが、
中段繰付け後の、首切りと小手の押さえ。
杖の捌きが甘いと切れるのではないかと疑問が生じます。
まずは、しっかり体を捌くことという結論に達しました。

が、これについては「切懸」における疑問と共に、翌日の東京稽古で藤代先生からご指導を戴きました。
それを踏まえて、次回稽古で早速検証したいと思いますので楽しみにしていて下さい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/25-fa5f3334

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。