FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/50-779a2c69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012/5/28 稽古日誌

本日はいよいよFさんの昇級審査です。
受審級位は1級。
昇段の前の山場となります。

参加者はMさん、Wさん、Iさん。

Wさんはお祭りの山車を引いたと時、肋骨にヒビが入ってしまったそう。
2週間ぶりの杖でしたので、少しリハビリを兼ねなくてはいけません。

まず、IさんWさん、MさんFさんで相対。

途中からIさんとMさん、WさんとFさんとなって相対。

Wさんはあまり上半身に強く力を入れられませんので、これ幸いに力を抜く稽古をしてもらいます。

また、どうしても後の足が残ったまま上半身が前に倒れる打ち方になるので、杖を振り上げたときに足をそろえるくらいの感覚を試してもらいました。
そこから、浅い「レの字立ち」に戻して稽古してもらったところ、多少感覚がわかってくれたようです。
とはいえ、この感覚はなかなか身に付きませんので、今後も注意してもらわねばなりません。

Iさんは、3回目なのですが、すこしずつ太刀を打つ感覚を養ってもらっています。
当然ですが、まだ杖の先を落とすことはできていません。
しかし、有段者でもできている人は案外少なく、Iさんと同じような感覚で打っている人をよくみかけます。
それだけ、打ちというのは難しいものなのでしょう。

最近、自分の打ち方を含めていろいろと試行錯誤しているところですが、やはり「打ち」は奥が深い。
いろんな打ち方がありますし、いろんな効かせ方があります。
当面は、杖にストレスを与えないでできるだけ速く、且つ効かせる打ち方を研究するつもりです。

さて、そんなこんなでじっくりと稽古していたら、あっという間に1時間以上が経過してしまいました。

そして、いきなりなんの準備もなく、1級審査へと進みます。
(この辺少しスパルタでしょうか)

実は前の日に、FさんとMさんで表の形の特別稽古を行っていたこともあり、あえていきなりという形をとったのです。


Fさん、膝を痛めているため、本来の指定形である「寝屋の内」は外し、代わりに「太刀落」を入れました。
その他は、「鍔割」、「物見」、「一礼」、「細道」の合計5本となります。

まず、「太刀落」。
Fさんのよいところは最初の打ち。
リーチが長いこともありますが、女性の割にビシッと決まってよろしい。
攻撃する意識がはいってくると、Fさん、俄然よくなります。

マイナスは突きの角度のみ

二本目「鍔割」
従前よりも動きはよいですが、マイナス点は最初の小手打ち、逆袈裟に対する捌きから目付までの動作。

三本目「物見」
マイナス点として多少杖を背負う打ち方になり、相手を攻めていないところ。

四本目「一礼」
全体の動きはよいです。もう少し攻めが厳しくなると動きも引き締まると思います。
マイナス点としては出会いのタイミング、その後の逆手打ち。

五本目「細道」
最初の打ちがビシッときまり、床を打たないで止まりました。
全体の流れとしては申し分なし。
細かいマイナス点としては、抜き打ちの後の小手打ちがまだ攻めになっていないところくらいでしょう。

変わって、同じ方の太刀も試技してもらいます。

太刀については、マイナス点として切り終わりで腕が伸び、太刀がピタッととまらない。
又は、体軸もぶれてしまうところ。
無論まだ切っ先も飛んでいませんが、これも今の段階では全く問題がありません。

以上、1級としては問題ありません。
合格です。

少しつめれば、十分昇段できる実力だと思いました。
また、来月から学校が忙しくなるため通常稽古の参加が難しいとのことなので、こちらも、できるかぎり特別稽古を増やすつもりです。
昇段に向けて頑張ってもらいたいですね。

まだ時間がありましたので、IさんにはFさんの太刀持ちで「水月」と「斜面」を稽古してもらい、
MさんとWさんで表を稽古してもらいました。

Iさんには、3回目ということもあり「納杖」を教えます。
やはり納杖をきちんと行うと形をやっているという感じが出ますね。

最後は、Wさんのみ大事をとり、それ以外の方で掛かりとなりました。

ここのところ、掛かりは太刀について私がいろんな試行錯誤をする場と化しています。
今日も、Mさんとの「横切留」、最初の太刀で膝の使い方を試しました。
また、自分なりにまとまったらお話ししましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/50-779a2c69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。