FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/76-cc358001

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2013/2/4稽古日誌

今年に入ってから、全く更新が出来なかったことをお詫び申し上げます。

しばらく忙しい時期が続きそうですので,本年は不定期でも何とか続けて行こうと思います。


1月下旬に、北海道のTさんが東京の稽古に参加できるというので、私も何とか仕事を切り上げて九段の稽古場におじゃましました。

Tさんとの稽古は半年ぶりでしょうか。

中段最初の三本の形を稽古しましたが、杖をなかなか握れない環境にあってなかなか苦労しておられます。

やや、身体の動きが固かったですが、そんなに基本は崩れていませんでした。

本来は数稽古をこなさなければならないところ。

また、機会があったら東京でも松本でもよいので、是非稽古してもらいたいところです。

この日は夜遅くまで、東京の稽古場恒例の宴会にご参加いただき楽しい時を過ごすことが出来ました。


さて、翌週2月4日はMさんお一人でしたので、久しぶりに四通八通の稽古をすることに。

本当は、I先生の映像資料があったのですが、この日は忘れてきてしまいましたので私も思い出し、確認しながらの稽古です。

Mさんも昨年の合宿で一通り稽古していますので、私の曖昧な点を検証してもらいました。

今回特に重点を置いたのは間合いです。

合寸など、八相になるときに下がりすぎてしまうと一足一刀では斬れなくなってしまいます。

この点、最終的には先生方に確認することを前提としますが、やはり斬ることを考えて下がるべきではないかという事を考えて形を行ってみました。

お互いに斬る気で下がると、やはり余り間合いはひらきません。

また、籠手を出来るだけ高い位置でしたから受けるには、相手が挙動下瞬間に間合いを詰めなければなりません。

この点も、ようやく考え至ったと言うところです。

「左輪」ですが、先手をとって仕太刀が相手左籠手を片手添え斬りで斬るわけですが、これは受太刀が、先に仕太刀の左籠手を斬ろうとすることを受けてのものなのか、単純に先制攻撃であるのか疑問のあるところ。

先制攻撃であるとしたら、よほど素早く行う必要があると思われます。

「受返」は相手の太刀を下がりながら太刀の鎬で受けますが、この時流さないで相手の太刀を下に外してから斬りにいきます。

この時に相手の太刀をやや避けながら斬るのかどうか、ここも疑問点として残りました。

「擦込」はまさに最初の擦り込むところが難関です。

太刀の先を落とすように使わなくてはなりませんが、太刀の中心くらいを使って、つまりそこまで瞬間に押し込みながら擦り込まないと、相手の太刀から外れてしまいます。

島も非常に前のめりになってしまうので、ここで以下に体勢をくずさないようにするかがポイントでしょうか。


さて、四通に至っては、かなりうろ覚えのところもあり苦戦しました。

まず「咽中」

小太刀が受太刀の面を斬るところ、受太刀が下がるから斬るのか、先制攻撃なのか。
先制攻撃ならば、捌きが必要となります。

「三受留」は最初の受けが難しい。
何故あのような形で受けるのかは、謎ですね。

二の太刀の受け方が曖昧でしたので、次回確認ということにしました。

なんとか12本を検証しながら稽古することが出来ましたが、やはり定期的に稽古しないと、到底形にすらなりません。

Mさんが通常稽古に来れる日もあと僅か。

それまでに一度は映像資料を基に、再度稽古したいものです
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://issundo.blog130.fc2.com/tb.php/76-cc358001

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

issundo

Author:issundo

武塾一寸堂

(上記クリックでHPを表示します)

神道夢想流杖術を主に稽古する団体として2010年7月に設立。

通常稽古 毎週月曜日
19:00~21:00
松本市岡田小学校体育館

!!平成25年7月より土・日稽古コース(不定期)を開催します。
日時につきましては、その都度お知らせします。
(会費:1000円/回 通常稽古会員は無料)


稽古に関するご質問、見学・参加希望等は下記までご連絡下さい。

当団体連絡先(百瀬行政書士事務所内) 百瀬 仁 宛
〒390-0221 松本市里山辺1725-1
電話 0263-33-1221
携帯 090-2334-2811
mail: jin.momose@gmail.com

主宰 百瀬 仁
神道夢想流杖術(日本杖術協会五段 指導員)/糸東流塩川派空手 二段

所属団体
日本杖術協会(事務局長)
長野県杖術協会(代表者)
東京都杖道連盟(事務局長)
武道塾一貫堂六本木

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。